保護者の方へ

中退が増加している現状

高校以上の進路については大学、専門学校、留学、就職などが一般的です。 多くは将来に期待し、それぞれの進路を選択します。 高校を卒業して就職する場合もありますが、 大学や専門学校への進学を選択し、専門的な知識を得た後に社会人となる場合が多いです。
現在、この状況に変化が起こりつつあります。 大学や専門学校へ進学後の中退者が、大学、専門学校共に増大しているのです。

原因は幾つか考えられます。 先ずは大学や専門学校に入学し易くなりました。 これは少子化によるもので全入時代とも呼ばれています。 この事により、以前のように勉強せずとも大学や専門学校への入学が可能となり、 入学後、授業についていけず中退者が増えました。 また、入学以前に想像した学習内容と実際が異なるという理由の中退も多いのです。

進路指導の現状

高校の進路指導の先生、担任の先生は、多くの場合、 教師としては情熱があり教える事には優秀な方々だと思います。 しかし、残念ながら社会の構成や在り方については余り詳しいとは言い難いのが現状です。 故に進路は大学や専門学校への進学を選択させてしまいます。 大学や専門学校に進学させれば役割は終わり、その進学方法が最良だと信じているようです。
また、偏差値の範囲で大学や専門学校を選択している傾向にもあります。 体験入学への参加したり真剣な姿勢も一部には見受けられますが、 将来どんな職業に就くことになるか詳細も知らずに進学し、 前述の中退者の増加要因になっていることは明白であります。

失敗しない進路選択をOSCが可能にします

OSCは進学後の中退者を少なくしたいと願う予備校です。 進学後に中退すると次の進路を選択するまでに時間を要し、 時にはニート、フリーターとしての道が懸念されます。 最初の就職は新卒者として会社に就職するのが最も安定した社会人の在り方だと思います。 大学や専門学校を中退後、就職を志しても採用範囲が非常に少なく、 日雇いや、アルバイト等の比率が多く、将来が不安視されます。

故に高校を卒業後の進路は、人生の大変重要な出来事だと認識して頂きたいと思います。 勿論、しっかり目標を定め、日々努力して進路を選択している学生が多くいることも事実であり、 その数字の方が遥かに多いことは認識しております。 そのような学生ばかりであれば本予備校は無用なのです。 しかし、現実は違います。 もしも、確固たる信念や目標が定まっていない学生がおられましたら、 本予備校への入学もご一考下さることをお薦めいたします。

進路選択に失敗しないためには、各人の適正や能力を知るための教育機関が必要だと思います。 そのような考察から職業予備校(Occupation、Selected、College)、通称OSCの設立に至りました。 ご理解とご支援を頂けますようにお願い申し上げます。


職業予備校 校長 仲川孝道

資料請求、説明会のお申込み

OSC 職業予備校についての資料をご希望の方に 予備校案内資料をPDFでご用意しております。 またご不明な点などもお気軽にお問い合わせください。